ハワイの天気と今日のハワイ アロハクラブ

ハワイの天気や今日のハワイ。旅行の前に確認したい、ハワイの天気や最新情報。ホテルや長期滞在型コンドミニアム、オプショナルツアーやスクール、本格的な語学留学、お土産、そして不動産情報まで。今週のハワイはアロハクラブでチェック。

ハワイ発 省エネと地球温暖化を考える

省エネルギーの必要性。環境問題として地球の温暖化により、海面上昇や異常気象などの悪影響が懸念されています。エコハワイは、自然豊かなハワイの島々を、そしてこの美しい地球を子供たちに残していくために、省エネをはじめ、私たちができることを模索し実践します。

グアムビジターズバイブル

グアムビジターズバイブルは、グアム旅行のためのトクする情報サイトです。グアムをこよなく愛する旅行者の皆さんへ、最新情報を現地からお届けいたします。また、グアムのニュースをメールマガジンにて配信しています。

  

モンスターカレンダー

« 2006年11月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012年3月から、ユニクロでは社内の公用語が英語になりました。これからもっと増えるに違いない日本のグローバル企業化。英語、間に合うのならば今からやっておかないと。ハワイに移住を検討しているのならなおさら、、、TOEIC980点獲得! ラクラク英語マスター法
ハワイ移住
ハワイに移住

2006年11月アーカイブ

今年はめでたくグリーンカードが取れましたので、挨拶をかねて実家で年末年始を過ごすことにしました。10年振りです(着る服、あるかなぁ、、、)。

日本からハワイを訪れた方のホームページなどで、旅行にかかった費用を紹介しているのをたまに見かけますが、ハワイから日本を訪れた人で、旅行にいくらかかったかを書いたものを見たことがありません。

ハワイ 旅行費用

でGoogleで検索すると、検索結果は80万件以上になりますが、見つけ方が上手くないのか、見つけることができませんでした。

はたして、ハワイから日本への家族旅行。一体いくらかかるのでしょうか?!

今回の旅行は、1カ月の滞在です。ホノルルから成田、東京に8泊し、東北に雪を見に行ってから、大阪に移動。大阪に滞在しながら、広島、神戸、伊勢を訪れ、福岡へ。福岡に滞在してから鹿児島へ(実家、鹿児島なんです)。鹿児島に2週間ほど滞在し、名古屋へ移動。そのままハワイに戻ってくる予定です。

というわけで、まずはとにかく航空券の手配から、、、

ということで、買いました。出発前に購入できた航空券とJRのレールパス、ホテルの宿泊など、分かっているところまでを計算してみようと思います。

交通費

ホノルル - 日本 往復航空券
大人 $750.00×3 小人 $621.00×1 計 $2,871.00

JRレールパス 1週間グリーン車
大人 $318.00×3 小人 $159.00×1 手数料 $10.00×4 計 $1,153
手数料の$40.00は、一度普通車で取ったチケットをグリーン車に変更したため、ひとりにつき$10.00の変更手数料がチャージされたものです。

上記、ワイキキのIACEトラベルさんにて手配していただきました。

鹿児島 - 名古屋 片道航空券
大人 13.250円×3 小人 13.150円×1 計 52,600円

上記、国内線ドットコムにて予約しました。

合計 $4,024.00 + 52,600円


宿泊費

ヒルトン東京ベイ
16,000円×3泊 計 48,000円

上記、ヒルトン東京ベイのホームページより直接予約しました。

合計 48,000円


エンターテーメント

東京ディズニーランド 2日券
大人 10,000円×2 中人 8,800円×1 小人 6,900円×1
合計 35,700円

東京ディズニーリゾートのホームページ


ここまでではっきりしている金額の総計 $4,024.00+136,300円


これにプラス、滞在中の飲み食い買い物その他買い物買い物諸々諸々諸々(笑)が含まれます。ホテルには最初の3泊だけで、あとは友だちの家に泊めていただいたり、実家に滞在する予定です。

JRのレールパスは、日本を訪れる外国人のためのお得な乗車券です。日本では購入することができません。予め、出発国にて購入します。

料金は、以下のとおりです。

JRレールパス 1週間 普通車
大人 $240.00(28,300円)
子供 $120.00(14,150円)

JRレールパス 1週間 グリーン車
大人 $318.00(37,800円)
子供 $159.00(18,900円)

料金は円建てですが、実際はそれぞれの国で購入するため、その国の通貨に換算された価格で購入します。今回は、航空券を手配していただいたワイキキの旅行会社から購入しました。

ちなみに、日本人向けに設定された子供料金とは、6歳〜12歳の小学生に適応されますが、レールパスに関しては年齢によって料金が設定されているため、12歳は小学生でも中学生でも大人料金となります。

ちなみに、JR東日本によると「子供」の定義は以下の通りです。

 6歳〜12歳末満 12歳でも小学生は「こども」

ということは、我が家の長女は日本国籍で、日本では12歳の小学6年生。
よって、レールパスも子供料金!?

さっそく日本時間で夜の8時過ぎ、JR東日本テレフォンセンターに問い合わせてみました(電話番号: (050)2016-1600)。

担当の岩崎さんから明快な答えが返ってきました。

「レールパスの場合は、年令で12歳以上は大人料金となります」

、、、了解!

ところで、どうして我々は日本人なのに、外国人を対象としたレールパスを利用できるかとギモンに思った方もいるのではないでしょうか?

グリーンカードを所有している日本人は、特例(?)として、このレールパスが利用できるのだそうです。料金をご覧いただいたとおり、すごくお得です。

有り難うございます。

ハワイの新しい禁煙法が施行され、10日が過ぎようとしています。

確かに屋内での喫煙は無くなりました。しかし、屋外での喫煙を強いられた喫煙者が、吸い殻をそのまま外に捨てるという弊害が起きています。

携帯用の吸い殻入れを普及させるなど、タバコの吸い殻の投げ捨てを無くすための対策を講じる必要がありますね。

もちろん、喫煙者の意識がせめて人並みになれば特に問題無い話なんですけどねぇ、、、(困)

ハワイオノリシャスアワード2007 : アロハハワイドットコム : 2006年11月26日〜2006年12月2日 Vol.1 No.48

「ハワイって、なんてミュージシャンの多いところなんだろう」

長女が4年間所属した「Keiki Palaka Band」の活動を通して、たくさんの「Legend of Hawaii」と呼ばれる方々に会う機会がありました。

今でこそハワイアンミュージックは、グラミー賞でハワイアンソングの部門が設けられるほどポピュラーになりましたが、その基盤を作って来たミュージシャンの方々は今も健在です。

現在もワイキキで演奏活動をされている方もいらっしゃいますが、引退された方もいます。

「Keiki Palaka Band」主催のコンサートは、年に3回カイルアにあるエンチャンテッドレイク小学校のカフェテリアで行われます。

レジェンドと呼ばれる方々は、打ち合わせやリハーサルなど一切せず、一旦演奏が始まると、次から次に入れ代わり立ち代わり演奏しながら歌い、ステージの下(観客席)では、飛び入りのダンスが繰り広げられます。

もちろん、ミュージシャンはプロフェッショナルだけではありません。

サンクスギビングディコンサート 1
サンクスギビングディコンサート 2

写真はサンクスギビングディの、あるホームパーティの様子。
会場はカネオヘ。コウラウ山脈の麓。カーポートが臨時ステージです。

メンバーは、カイルア小学校のカフェテリアマネージャーとその甥っこ、元ファイヤーファイター、そして元ポリスオフィサー。

カイルア小学校の人気ライブラリアンも、「教師」と「ミュージシャン」の二つの名刺を使い分けていらっしゃいます。前任の校長先生は、集会の時は必ずギターを持って現れました。

そうそう、この秋再選されたアカカ上院議員の、スティールギターの腕前もプロ顔負けでした。

ハワイ総ミュージシャン。

いいですねぇ。

ごめんなさい。
30年前ならなんとかなりました。
20年前でももしかしたら可能だったかもしれません。しかし、、、

2006年12月3日正午(アメリカ合衆国東海岸時間)、今年も米国永住権抽選プログラム、DV2008の受け付けが終了します。

自分で申請した皆さんへ。

申請、お疲れさまでした!

それではちょっとだけ、当選したときのことを想像してみましょうか?!(笑)

それは突然届きます。

僕はDVプログラムを利用せずに取得しました。
申請準備から永住権取得まで、6年以上かかってしまいました。

待っている間は長いです。

出口がないっていうか、スタートラインが見えないっていうか、毎日がストレスでした。

しかし、「その日」は突然やってきます。
ゼロから100に、いきなりなります。

「Welcome to the United States」

のレターとともに、
グリーンカードはいきなり届きます。

DVプログラムに当選した方も、きっとそうだと思います。

「Conglatulations!」

のレターとともに、
当選のお知らせがいきなり届くのです。

どうします?!

もちろんひっくり返って喜びますよ!
すごいチャンスを手に入れたのですもんね。
バリューにして軽く50万ドル、イヤ、100万ドル以上の価値があるんですから、、、

弁護士さんを見つけ、永住権申請のためのプロセスを、お金を払ってお願いします。

勤めている人は会社に辞表を書き、
フリーランスの人はクライアントさんに

「ハワイに引っ越す(渡米する)ことにしました」

と、挨拶にまわります。

必要とされている人なら、ハワイに行っても(渡米しても)日本から仕事の依頼があるかもしれません。

そうでない場合、引っ越した先で仕事を見つけるか創り出さなければなりません。

ハワイで事業を興そうと計画しながらDVプログラムに臨んだ起業家の方なら、その計画を具現化させるために進んでください(応援します!)。

ハワイで就職またはアルバイトしながら生計を立てていこうと考えている方、自分ができるワザを磨いておきましょう。

ワザ(スキル)があれば、なんとかなります。

冒頭に書きましたが、
30年前なら、根性だけでもなんとかなったんです。
20年前でも、運とかで、もしかしたら可能だったかもしれません。

しかし、、、

しかし、これだけたくさんの情報や人材が世界中を飛び交う現在において、情熱や根性だけでなんとかなる確立は本当に小さくなってしまってしまいました(もちろんゼロではありませんよ)。

これを読んでいる意識の高いあなただけには、この現実をはっきりと自覚しておいて欲しいのです。

ワザ(スキル)があれば、なんとかなります。

確かに、日本の資格がアメリカでそのまま通用するとは限りません。
しかし、スキルがあれば、チャンスは格段に大きくなります。

資格でなくても、ワザを習得していれば、それは経験としてハワイでも使える場合もあります。あなたのスキルと経験を必要としている人が、ハワイにもいるかもしれません。

まだ特にこれといったスキルの無い方、これを機に、ワザを身に付けましょう。

すでにワザ持ち(笑)の方、他にどんな資格やワザがあるのか、リサーチしておいてソンはありません。もしかしたら、あなたのそのワザをさらに高めてくれるヒントが見つかるかもしれません。

僕も渡米する前、日本に居る頃は、日本国内で入手できるありとあらゆる情報を、どん欲に探しては手に入れていました。ここに書いた「ワザ(スキル)」に関してもそうです。資料を請求するだけなら無料です。どんなことを学び、どんなワザが身に付くのかを、具体的に想像できます。

もう一度イメージしてみてください。

あなたは晴れてグリーンカードを手に入れ、そしてハワイに移住しました。

ハワイに移り住んだあなたは、どのエリアでどんな家に住み、どんな生活をしていますか? そこであなたは、何をしていますか?

もしもあなたが、まだ何をしようか決めていなかったり、できることは何でもやってみようという意気込みで臨もうとしているのであれば、簡単ですが、ひとつヒントを差し上げましょう。

あなたは何にでもなれます。何でもできます。

そこであなたは、

「自分は何がしたいか?」

を考える前に、

「ハワイだったらどんな仕事をしたら喜ばれるか?」

をイメージしてみてください。

そのために、今、あなたには何が準備できるかが見えてきますよ。

例えばこんな感じです。

ハワイ州観光局によると、2005年にハワイを訪れた日本人観光客の数は、1,522,356人だったそうです(全体では7,379,635人でした)。ですから、ハワイには日本語の情報誌が何誌もあります。

日本語が読み書きできて、雑誌やホームページをデザインできるデザイナーさんは、いつでも引き手数多といった嬉しい状況なのです。条件次第では、在宅ワークだって可能です。

デザインの勉強は、日本に居る間にできます。本格派デザインスクールは、ちゃんと日本にあります。

日本人ならではの繊細なデザインができるデザイナーさんなら、日本語の情報誌を発行している出版社だけではなく、英語の出版物や広告を制作しているメディアや広告代理店からの仕事の依頼もあることでしょう。

こんな発想もできます。

常夏のハワイで欠かせないモノのひとつに、「花」があります。ハワイを訪れる人たちを暖かく迎える独特な雰囲気を醸し出しているモノ。人々のアロハスピリット、気候など様々です。

その中のひとつ、大切なもののひとつに、島内に咲き誇る、色とりどりの花々があります。

ちょっと前の話ですが、義理の弟が結婚しまして、その時にハワイに新婚旅行で来てくれました。永住権の申請中で、アメリカ国外に出ることを控えていたためです。

せっかくだからハワイで記念写真を撮ってもらおうと、プロのフォトグラファにお願いしました(ちょっと僕のことをご存知の方なら、「どうしてプロなのに自分で撮ってあげないの?」とツッコミが入りそうですが、僕も撮られる方になってリラックスしたかったのでお願いしちゃいました)。

その時に、ブーケを作ってもらったのですが、ブーケの代金は、撮影代金と同じくらいか、もしかしたらもっと高かったように記憶しています。思わずブーケだけ、あとから自分で写真を撮ってしまったくらいでしたから、、、(笑)

で、花なのですが、フラワーアレンジメントができると、ハワイでは喜ばれるんだなぁと思ったのを思い出しました。

フラワーアレンジメントの勉強は、日本に居る間にできます。花の資格が取れる学校は、ちゃんと日本にあるんですよね。

「その日」は突然やってきます。

その日に備えぬまま成り行きや勢いでハワイに来て、半年もしないうちに日本に戻らなければならなくなった人を、何人も見てきました。

あなたにはそんな風になってほしくありません。
これを機に、あなたもばっちりワザを身に付けておきましょう。

抜群の検定合格率「NAFL日本語教師養成プログラム」 エンジェルコース

余談です、、、

アメリカ人と結婚したいと願っている方へ

ちょちょちょちょ、ちょっと待ってください! 一応、日本国内で確認してからでも遅くないと思いますよ。見るだけならタダですし、、、(笑)「結婚情報サービスを徹底比較したい!」と、最大7社から結婚情報サービスの資料を一括で、それも無料で請求できるプログラムがあるんです。

061125-bouquet.jpg

毎年11月の第四木曜日(今年は23日)は「サンクスギビング(Thanksgiving)」というホリデイです。

サンクスギビングと言えば、ターキーの丸焼きを中心にアメリカ伝統料理を家族や友だちで囲む一大行事。その始まりは、17世紀まで遡ります。

マサチューセッツ州の街プリマス(Plymouth: ボストンのちょっと南にあります)に、イギリスからピルグリムが渡ってきた時、食物収穫のこの季節、ピルグリムと北アメリカ先住民(インディアン)が、共に秋の収穫を神に感謝して行ったお祭がその起源だと言われています。

ネイティブアメリカンから食べ物を分けてもらったことへの感謝の気持ちを表すことから、この名前(感謝祭)が付けられました。

この日のアメリカ人は家族と過ごすのが基本で、一日中食べ続けているのではないかと思ってしまうほど、良く食べる日としても有名です。

この日、最もポピュラーな食べ物と言えば、やっぱり七面鳥の丸焼き。お腹の中にパンや野菜などでできたスタッフィングと呼ばれる詰め物をし、丸ごとローストします。さっぱりめのクランベリーソースや、コテコテのグレイビーソースでいただきます。

付け合わせはマッシュドポテトやインゲン豆のソテーなどの野菜類。そしてデザートはパンプキンパイ、、、

どうしてチキンじゃなくてターキーなのかというと、当時ピルグリムとインディアンが囲んで食べたご馳走が、ターキーだったのだそうです(真偽のほどは不明、、、)。

サンクスギビング、アメリカ人にとってはクリスマスと並んで大切なファミリーホリデイです。こうした家族の集いを大切にしているアメリカ人の精神は、いったいどこからきているのでしょう?

家族のつながり、絆、信頼、愛情、、、宗教?!、ピューリタニズム?!?、イヤ、実はもっと簡単なところに答があるのかもしれませんね。

ピルグリム: イギリス本国で迫害された英国国教会分離派で、1620年にメイフラワー号に乗りイギリスのプリマスを出港し、アメリカ大陸に渡ってきた人たち。

1998年に講談社から発行された、大西 直樹薯『ピルグリム ファーザーズという神話作られた「アメリカ建国」』に、詳しく書かれています。

ピルグリムの後に上陸したピューリタンとピューリタニズムに関しては、1999年に松柏社から発行された、宮脇 俊文、高野 一良薯、秋山 健監修『アメリカの嘆き 米文学の中のピューリタリズム』に、詳しく書かれています。

(Guam Visitor's Bible Mail Magazine 2000.11.21 Vol.2 No.47-extra issueより)

先週の木曜日(11月16日)から施行された新しい禁煙法により、ハワイを訪れる予定だった日本人観光客の中から、喫煙者のキャンセルが出ているという話を聞きました。

僕は吸わないので分かりませんが、ツライんだねぇ、、、(哀)

サンクスギビングデイ : アロハハワイドットコム : 2006年11月19日〜2006年11月25日 Vol.1 No.47

カイト(凧)は向かい風でのみ高く高く揚がっていきます。

風向きの変化に備える準備は、常日頃から意識しておかないと、なかなかすぐに対応できるものではありませんよね。

それがどんな向きであれ、風向きがどう変わろうが、それに正面から立ち向かうことで、高く高く向上していくことができるのではないかと思います。

あ、戦術としてのヒネリはまた別としてネ(笑)。

風向きがコナウィンドからトレードウィンドに戻るように、
どんな長雨もいつかは止みます。

ハワイ新禁煙法 : アロハハワイドットコム : 2006年11月12日〜2006年11月18日 Vol.1 No.46

スパム第二弾

| コメント(0) | トラックバック(0)

いきなり予定変更。
スパムむすびをむすばないで、どんぶりにしてしまいました。

オハナ丼

名付けて「オハナ丼」(そのまんまです)。

一夜干しにした大根の葉をフライパンでから入りし、しんなりしたところにごま油としらすを入れてパラパラになるまでよく炒め、仕上げにお醤油をたらして作った、ふりかけを使いました。

5mm角のさいころ状に切ったスパムを、前回と同様みりんとお醤油で炒めて、大根葉のふりかけといっしょに炊き立てのごはんと混ぜ合わせます。
ほっくりよそったごはんの上に大葉とのりを千切りにしてのせてみました。

ちなみに、近所のダイエーでは、大葉が「CHISO」と表示されていました。
ドンキホーテになった今も「CHISO」のままです。
おまけに、毎回のようにキャッシャーで「これは何?」と聞かれます。
最初のころは「大葉 または しそ」と答えていましたが、今は諦めて「ちそ」と言ってしまいます。(ホントは諦めたくない!)

今夜は、母の味噌で作った豚汁といっしょにいただきました。

母の味噌で作った豚汁

あぁ、ハワイと鹿児島の融合だわぁ、、、(!?)

ハワイと鹿児島の融合(?!?)

オハナ巻き

| コメント(0) | トラックバック(0)

Bar Ohanaで好評の「母の梅酒&味噌」「父の生ハム」に続き、「気まぐれ姉の一品として、ハワイにちなんだメニューを作るぞ!」と考え始めて早数カ月、、、

ポキやロミロミサーモンなど、思いっきりハワイアンなメニューを考えたりもしましたが、行き着くところは「スパム」となりそうです(笑)。

スパム

今夜、突然の可愛いお客様がいらしたので、さっそくスパムを使った料理を食べてもらうことにしました。

5mm角に細長く切ったスパムをみりんとお醤油で炒めて、卵、きゅうり、アボカドなどと合わせて、手巻き寿司風に巻いてみました。

スパム手巻き寿司風

名付けて「オハナ巻き」。

ハワイの子供たちは大喜びで食べてくれましたが、次回は、定番の「スパムむすび」をアレンジした、「オハナむすび」をご紹介します。

ハワイの子供たちは大喜びで食べてくれました

先週のメールマガジンの編集後記について、「夜中は静かに行動すべき」、「あなたの考えはおかしい」、「他人の迷惑を考えろ」、「オマエが一番エラそう」、「常識がない」といったコメントを、たくさんの読者の方からいただきました。300ほどの読者数にも関わらず、アツい読者の方が読んでくださっているのだなと、正直、感激しました。どうも有り難うございます。

皆さんのおっしゃる通りです。

夜中は静かにすべきです。
他人には迷惑をかけない方が良いです。
僕が一番偉そうです。

カイルアには高齢者が多いです。
これからますます増えると思います。

カイルアのB&Bを利用する方は、比較的長期滞在型のメインランド(アメリカ本土)からのツーリストが多いようです。彼らのフライトは深夜に到着するため、空港でレンタカーを借りて、そこからカイルアまでドライブしてきますので、B&Bに到着する頃は、午前2時を回っていたりします。

長旅でやっと到着した安堵感から、ついつい声が大きくなってしまう彼らの気持ちも分かります。早寝早起きのお年寄りには、そういった近所の「騒音」はこたえるだろうなぁと思います。

カイルアのB&Bをご利用の観光客の皆さま、夜は静かにお願いします。

あらためて自分が書いた編集後記を読み直してみました。

彼らにとっては、「カイルア」の前に、「俺の」「私の」が付くのでしょうかね。

と書きましたが、よく考えてみれば、自分もそうでした。過去の編集後記などを読み直してみると、彼ら同様、自分だって、随分「俺の」カイルアモードだよなぁと思いました。「何か足りないなぁ、、」と考えたら、ハッと気がつきました。

『俺の「愛する」カイルア』だったんですねぇ(笑)。

言葉足らずで誤解を生ずるからといって、何から何までイチイチ全部書いてまで説明することはしません。なぜならば、カイルアの歴史をはじめ、住民層、職業、世帯所得、民主党と共和党の割合など、様々な背景をふまえた上で話をしなければならないからです。これははっきり言って、メンドクサイっす(ごめんなさい)。

カイルアに移り住んで丸10年が過ぎましたが、「その程度の町」と感じ始めたのは、ほんのつい最近です(去年、いや、今年に入ってからくらいでしょうか)。

今回のテレビでのニュースは、近所の友だちから聞いた話だと、なんとCNNでも放映されたそうです。CNNって言ったら全国ネットですよ。ローカルニュースとはワケが違います。その影響力を知っている人なら、そのニュースが何を意味するのか、今後の「ハワイ」のツーリズムにどんな影響を及ぼすのか、心配して当たり前です。

先週のそれでは書きませんでしたが、観光業に依存した仕事で生計を立てている人たちがたくさん住んでいるハワイ州で、「カイルアの住民は、犯罪が増えるとか治安が悪くなるとか、不動産がさらに高騰するとか、そういったことも懸念している」とのことだったんです。それがCNNで放映されたんです。

それって、「カイルアにツーリストが増えると犯罪が増え治安が悪くなる」と、訪れるツーリストに向かってカイルア(=本土の人から見れば「ハワイ」)の住民が言っているのと同じです。いじわるな見方をすれば、ツーリスト=犯罪者呼ばわりしているみたいな展開になりかねません。

ツーリストたちのことを腹の中ではそんな風に思っている住民が住んでいるカイルア。
ツーリストが訪れることを快く思っていない住民が住んでいるカイルア。

もしもカイルアのイメージがそんな風になってしまったとしたら、いくらビーチが綺麗だからと言って、あなたは訪れてみたいという気持ちになりますか?

僕が書いた「その程度の町」とは、カイルアが「自分のことしか考えていない住民が住む町」だと感じる時があるからです。

自分が生きている間は「俺のカイルア」で好きに暮らしたい。この町がこれまでここまでの治安と環境が保たれてきたのは、俺(たち(が納めてきた税金))のおかげだ。

本気でそう考えている人たちがたくさんいます。僕はそんな彼らに敬意を表するとともに、その利己的で自己中心的なプライドに、今のアメリカを見ます。

彼らにしてみれば、自分が死んだ後のカイルアのことなどアタマに無いのかもしれません。イヤ、もしかしたら、自分の子供や孫のため(だけ)に、自分が生きていた頃と変わらないカイルアを望んでいるかもしれません。

ハワイがもともとハワイ王朝だったことや、1848年の土地分割法(グレートマヘレ)、1850年の外国人土地所有法案によるアメリカ人たちの土地の買い占め、さらには1887年の「ハワイを共和制にしたい」と暴れたワガママな白人によるクーデター、そして1894年の白人勢力による臨時政府の樹立、ハワイ王国をハワイ共和国にし、次の年にはリリウオカラニ女王に濡れ衣を着せてイオラニ宮殿に幽閉、1898年にはついにアメリカの領土にしてしまったことなど、どれひとつとしてアタマの片隅にもないことでしょう。

そういえば、カイルアが「白人の多い町」って聞いたことありませんか? それは戦後のハナシです。近所の日系のおじいちゃんに聞いたのですが、戦前はアジア系移民がたくさん住んでいたそうです。パリハイウェイが開通して便利になり、「お、イイぢゃん?!」とハオリ(白人=Haole=ハワイ語で「息がない」という意味=ハワイの人は抱擁をする時ふぅっと息を吐く習慣があるのですが、白人にはそういう習慣がないところからそう呼ばれるようになったらしい)が住み始め、現在に至ります。

閑話休題、同じカイルアの住人として、気持ちはよく分かります。この先20年後もカイルアに住んでいたとしたら、彼ら同様、訪れる(マナーの悪い)ツーリストたちに辟易している自分がそこにいるかもしれません。

カイルアのことを「自分のことしか考えていない住民が住む町」と感じるのは、カイルアの住民たちの、「カイルアは他(ワイキキやカハラ、ハワイカイなどのエリア)とは違う」という、独特のプライドを感じるからです(他のエリアには長く住んだことがありませんので、もしかしたら同様の空気があるのかもしれませんが、、、)。

それはまた、カイルアの住民たちの、「俺(私)は他(ワイキキやカハラ、ハワイカイなどに住んでいる住民)とは違う」という、これまた独特のプライドまで感じさせてくれます。

そんな雰囲気を住民に感じる時、正直、僕はカイルアから引っ越したくなります。

もしかしたら、それくらいの気持ちでもって、自分の住む土地を守る意識はとても大切なことなのかもしれません(自分でも時間をかけてよく考えてみますね)。

しかし、カイルアはハワイの一部です。カイルアの町だけ独立しているのではありません。それをメディアを利用して(それも全国ネットで)、カイルアを訪れるツーリストの文句を言うのは度が過ぎると思います。

たとえカイルアの住民は構わなかったとしても、もしかしたら、ハワイを訪れるツーリストが減るかもしれません。もしもそんなことになったら、観光業に依存しているエリアは不景気になり、間もなく治安が悪くなり、いずれはカイルアの高級住宅地に泥棒が徘徊することになるかもしれません(おっと、「ローカルを泥棒呼ばわりしている」とか言わないように、、、(笑))。

ツーリストに対して「カイルア(ハワイ)のB&Bを利用する方、夜は静かにしましょう」といった啓蒙的な理由で、CNNのニュースにのせた(だけ)とは思えないんですよね。

ん、もしかして、メディアを利用しての、もっと他の思惑があるのカナ? ハワイ島の地震を取材に来たクルーが、他のネタとして、ラニカイにはハリウッドスターなどの別荘もあるカイルアを取り上げてみた(だけ)とか?!?、、、

苦情はできれば直接本人に(勇気要りますケド)。それができなければ、警察に通報すれば良いのです。B&Bだったら、B&Bのオーナーに言えば良いのです(これまた同じ住民としてなかなか勇気要りますケド、、、)。B&Bのオーナーにもっとネイバーに対する配慮があれば、こんなニュースも放映されずに済んだのかもしれません。

いずれにせよ、訪れる方は住民のことを、住民は訪れる方々のことを、お互いに思い遣る気持ちが何よりも大切だということだけは間違いありません。

相互互助。
相互互恵。

アロハスピリットって
そんなんぢゃなかったでしたっけ?

ちなみに僕が書かなければ、日本に住んでいるハワイクレイジーの皆さんは誰も知らなくても良い話題だったのかもしれませんね。

「我ながら余計なことを書いてしまったものだな」と、、、笑っちゃいました。

とにかく、
ツーリストも、住民も、

「カイルアでは静かに静かに静かに静かに」

ってことです(笑)。
(Taka)

追伸:
もしも今回の全国ニュースが、カイルアにホテルを建設しようと企てて(企んで)いる業者さんに対する牽制だとしたら、皆さんはどう考えますか?

「だとしたらチョット納得」

とか思っちゃったりなんかして、、、(爆)

度が過ぎると波風立ちます。
何事もバランスが大切。
ウインドサーフィンと一緒ですよね。
(無理矢理カイルアにこじつけて11月に突入〜!)

追伸2:
あともう一点。

「あんなヤツ(Taka)がいるカイルアに行くのはやめよう」

とか思う人がいたら、おっしゃる通り、カイルアには来ない方が身のためです。

僕は毎日のようにカイルアのビーチを散歩しています。度が過ぎた日本人観光客を見かけたら、品格ある明日の日本のために、品格のない日本語で分かりやすくお声がけさせていただきますので、、、(ウソ)

このメールマガジンを読んでくださっている読者の皆さんはもちろん大丈夫だと思いますが、自分の素行に自信のない方は特にご注意ください。まずは普通に立ち振る舞え、空気が読めるようになってからのほうが身のためです(逆ギレしないでね)。

住民とツーリストが上手に共存できる町づくりを模索していくことには、積極的に関心を持って取り組んでいきたいと思っていますが、町全体の「質」が高いレベルで保たれるためであれば、僕は他人様からどんなに嫌われようと全然構いません。

そのためなら、CNNだけではなく、日本国内の全国ニュースでも放映してもらうかもしれません。

そういえば、オアフ島の西の方にもそういう方がいらっしゃいました。

「オアフの西の方は危ないので行かないように」みたいなことを、パンフレットか何かに掲載した日本の旅行会社だか出版社に対し、その印刷物を回収させ謝罪させた人。

彼の息子さんと一緒に、子供たちに絵を教える機会があったのですが、すごく感じの良い好青年で、彼のお父さん(謝罪させた人)の話を別の方から聞いて、とても興味が湧いたのを覚えています。

そのためにも、僕ももっとチカラ付けとこ〜っと。

追伸3:
「本人に会ってみたい」

という奇特な方がいたら、連絡ください。会いましょう。

マカヒキフェスティバル 2006 : アロハハワイドットコム : 2006年11月5日〜2006年11月11日 Vol.1 No.45

それは「風のない日」。

大概は、貿易風(トレードウィンド)とは逆の、湿った南風(コナウィンド)の日にやって来ます。

こんな日は、飛行機の離発着も当然の事ながらいつもと反対の方向になります。日本に向かって飛び立った飛行機は、離陸後間もなく大旋回(それはそれで、空からの眺めを楽しめますけど)。

それでもまだ、多少でもコナウィンドが吹いているうちはいいんです。風が止まってしまうと、もう行き場のないサウナ状態。

真夏、エアコンのない我が家でも、貿易風さえ吹いていれば屋内はめったに30度を越えません。湿度が低いので快適そのものです。なのに風がなくなってしまうと、軒並み室温は30度を越え、湿度がどんどん上がるのです。

この状態がしばらく続くと、ハワイの人々はたちまち体調を崩します。喘息などの持病のある人は発症しやすくなったりします。

この週末は、「風のない日」に当たってしまいました。
プールのあるお家の人は、きっと一日中水着で過ごし、頻回にダイブしていたのではないでしょうか。

我が家では、FORTUNE(猫)がどうやら風邪をひいたようで、かすれた声でくしゃみを連発していました。

風邪ひきFORTUNE

写真はハロウィーンの時のスナップ。
それにしても、どうしてこんなにも猫とハロウィーンって、マッチするんでしょうね。

ハロウィンFORTUNE
TOEIC980点獲得! ラクラク英語マスター法
 

MT42BlogBetaInner

コンテンツ

アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2006年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年10月です。

次のアーカイブは2006年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。