ハワイの天気と今日のハワイ アロハクラブ

ハワイの天気や今日のハワイ。旅行の前に確認したい、ハワイの天気や最新情報。ホテルや長期滞在型コンドミニアム、オプショナルツアーやスクール、本格的な語学留学、お土産、そして不動産情報まで。今週のハワイはアロハクラブでチェック。

ハワイ発 省エネと地球温暖化を考える

省エネルギーの必要性。環境問題として地球の温暖化により、海面上昇や異常気象などの悪影響が懸念されています。エコハワイは、自然豊かなハワイの島々を、そしてこの美しい地球を子供たちに残していくために、省エネをはじめ、私たちができることを模索し実践します。

グアムビジターズバイブル

グアムビジターズバイブルは、グアム旅行のためのトクする情報サイトです。グアムをこよなく愛する旅行者の皆さんへ、最新情報を現地からお届けいたします。また、グアムのニュースをメールマガジンにて配信しています。

  

モンスターカレンダー

« 2001年10月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012年3月から、ユニクロでは社内の公用語が英語になりました。これからもっと増えるに違いない日本のグローバル企業化。英語、間に合うのならば今からやっておかないと。ハワイに移住を検討しているのならなおさら、、、TOEIC980点獲得! ラクラク英語マスター法
ハワイ移住
ハワイに移住

2001年10月アーカイブ

Dengue Fever

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近(といってももう一カ月くらい経つのカナ?)、マウイ島だかから発症した「デング熱(Dengue Fever)」が流行っているそうですが、蚊を通してのみ感染するそうです。

死にはしないらしいですが、高熱、激しい頭痛、関節痛、吐き気、目がショボショボ(笑)、痒みなどの症状があるそうです。

学校で配布されたデング熱の予防対策を見ると、、、

長袖長ズボンを着用する、水のよどんでいるところに近づかない、週に一回は最低でも花瓶の水は交換するといった感じです。

蚊が近づく環境を無くし、蚊が近づくような場所には近づかないということですよね。

質問は、586-8352 (Hawaii State Department of Health)まで。

ウェブページは、www.hawaii.gov/doh/dengue/デス。

Brunch on the Beach

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎月1回、ワイキキのカラカウアアベニューを歩行者天国にして、サンデイブランチを開催しています。

「Brunch on the Beach」というイベントです。

いつからか定期的に開催されていたそうですが、全然知りませんでした。

テロの事件後、今回最初のサンデイブランチということで、ツーリストをはじめローカルの人たちがたくさん集まりました。

ワイキキの「センター(ハイアットリージェンシーの前)」からホノルル動物園側に100メートルくらいでしょうか、あのカラカウアアベニューに、人工芝が敷かれ、たくさんのテーブルには白と青、白と赤のリボンがカバーされています(圧巻!)。

Scripと呼ばれるチケットを買って、それぞれ好きなプレートランチをいただくことができます。

Scripは40枚で$20.00、$5.00ドネーション(寄付)すると、今日のために特別に作成されたブックレットになったScrip(クーポンブック)をもらえます。

$25.00を払い、40枚のScripが付いたブックレットの方を買いました。

ブックレットには、Scripの他に、協賛ホテルやレストランの割引クーポンなどが付いていました。特定のメニューが20%OFFになるといった$5.00くらいのバリューのものから、一泊すると二泊目は無料といったものまで様々です。

協賛ホテルには、今年で開業100 年を迎えたシェラトンモアナサーフライダーや、ロイヤルハワイアンといった老舗も含まれています。ね?、欲しくなったでしょ〜?!(笑)

こちらでお世話になっている方と一緒に行ったので、Scripを40枚買ってちょうど良いくらいだったのですが、プレートランチを3皿とソフトドリンク、デザートにシェイブアイスを買ってもまだ余りました。

ILIMAアワードを受賞するような有名所のレストランも出店していましたが、それでもScrip10 枚です。値段にすると$5.00也。とても良心的な値段です。

いつもの立体駐車場にクルマを預け現地には11時前ごろ着いたのに、幸いテーブルを確保することができました。

ステージではミュージシャンたちによるライブがとっくに始まっていて、集まった人たちは、歩道やビーチ側の芝生などに座ったり寝転がったりしながら、各自のスタイルで楽しんでいました。

一緒に来た方が、昨日ティーリーフをたくさんもらったので、それで編んだレイをたくさん持ってきていました。

「こんな時にハワイに来てくれた人たちにプレゼンとしよう!」

と、昨夜、手がしびれるまで編んだのだそうです。

まずは日本から来てくれたツーリストにプレゼントしようと思い、日本人観光客を捜しましたが、こんなにたくさんの人たちが集まっているのに意外と少ない。ほとんどいないと言っても良いほどでした。

それでもなんとか見つけ、いざレイをプレゼントしようとすると、宗教か何かと間違われるのか(?!?)、いきなりプレゼントとか言う我々を気持ち悪がって受け取ろうとしない人たち、、、

そんなのが何回か続くと、流石にコチラもヘコみます(哀)。

メインランドやカナダから訪れている英語圏のツーリストは、逆に「なあに、コレ?!」といって聞いてきます。

「We made it from the Tee Reef it is one of the Hawaiian Tree. We'd like to give it for you with our appreciation for your visit here in Hawaii...」

とかなんとか説明すると、

「せっかくだから買うわ〜!」

なんて言ってくれる人も、、、

「ミョ〜に親切なフゥに声をかけてくるヒトには気をつけましょ〜!」

などとガイドブックには書かれているかもしれません。嫌がられるということは、まぁコチラにも何らかの原因があるんだろうケド、それにしても、日本人がキライになりそうな出来事でした。

20本くらいあったでしょうか、全てのレイをツーリストにプレゼントし、気を取り直しているうちに、ライブの方もいよいよエンディングへとさしかかりました。

アメリカ合衆国国歌(とハワイ州の州歌)が流れると、それまで座っていた観客が起立し、中には胸に手を当てながら、曲を聴いたり口ずさんだりしていました。

「なんなんだ? この一体感は?!?、、、」

アメリカは「自由の国」と呼ばれています。ここぞという時の結束力の強さみたいなのって、どこから沸き上がってくるんでしょうね?

大勢の気持ちを一つにすることは大きなエネルギーとなりますが、一つ間違えると大変なことになります。

個人を最も尊重し、そしてルールに厳しいのもまたアメリカです。今回のテロに対する武力行使についても、異論反論は勿論アメリカ国内でも上がっています。アメリカ合衆国が出した結論は、10月7日(ハワイ時間)の空爆でした。

テレビでは、アメリカ人として暮らしている様々な人種の人たちが、「I am an American.」とカメラの前で言うコマーシャルが流れています。

かつて、ヒトラーの側近だったゲッペルスという人は、国民の心を統一させるためにプロパガンダを展開しました。

現在アフガニスタンでは、「これはアメリカから、、、」という手紙と共に、食料やラジオが投下されているそうですね。

国家レベル、もしかしたら地球レベルで、プロパガンダが始まっているのかもしれません(ウ〜ム、、、)。

ハナシがソレましたが、次回のBrunch on the Beachは、11月11日です。

昨日は帰宅後そのままず〜っと作業をしていたら朝になってしまいました。

明日はWaikikiでSunday Brunchがあるので、頑張って今晩中に残りの作業を完了させないと、、、

「作業」って、何かって?!?

え〜っと、、イロイロ、デス(笑)

そういえば、今週はグアムとハワイのそれぞれの政府観光局が、知事や業界の代表者も同行して日本でプロモーションをしてきました。

即効性は無さそうですが(失礼!)、日本国内の旅行会社レベルでのPRとしてはそれなりの効果を期待したいところです。

グアムが$1,200,000.00、ハワイは$5,000,000.00をかけたプロモーションだったそうです。グアムに関しては、そのうちの$900,000.00が広告費に充てられました。

グアム政府観光局の日本でのPRは、朝通さんが仕切っています(ハワイは電博両社が交互でやっているんでしたっけ?!?)。

週刊GVB.COM『長期滞在のための情報』2001.10.16 Vol.3 No.42

の編集後記で、

10月8日付(先週)のメールマガジン(トピックス1)で紹介しました、グアム政府観光局のリカバリーキャンペーンですが、それと同じような日程で、ハワイからもカエタノ州知事をはじめハワイの政財界の代表者ら20名が来日しました。詳しいスケジュールはさておき、小泉首相、田中外相、扇国土交通相、石原都知事を訪問するなどしながら、「日本は古くからの友人。友人に助けていただきたい。FAA(連邦航空局)からもハワイは最も安全な空港とのお墨付きをいただいています。今こそ友人にハワイに来ていただきたい。私たちは、皆さんを心から歓迎する準備があります。」と呼びかけました。小泉首相は英語で「I LOVE HAWAII.」、扇国土交通相からは「私もハワイが大好き。ハワイの運転免許証は持ってるしコンドミニアムも持ってます。引退したらハワイに住みたいんですよ。」といったコメントも出るなど、次の日のハワイの地元紙やTVのローカルニュースではこの話題がトップを飾り、関係者を元気づけました。「テレビのニュースでグアム(の観光)をアピールしている人たちが紹介されていて、一行の一人が『グアムは小さい島だから彼が知っているはずもないので安全。だから来てください。』みたいな事を言っていて、ちょっとア〜ン??ってカンジでした。アナウンサーもまた正直な方(?!?!)で、『気持ちは良く分かりますが、でも不安ですよねぇ??』とかコメントしていました、、、」というメールが、日本の読者の方から届きました。もしかしたら、本当に知らないかもしれないし気にしていないかもしれません。がぁしぃかぁしぃ、本音と建前の国ニッポンで、オフィシャルなご一行様がそんなふうに発言してしまってはシャレになりません。日本人が共感できるようなコメントを予め用意しておくぐらいでないと、、、グアム$120万、ハワイは$500万をかけた、今回のキャンペーン、両島とも一日も早く、効果が島民一人一人に実感となって顕れますように、、、

と、Tom Slaterが書いています。

数万人規模でツーリストが戻ってきてくれれば、数100万ドル規模のプロモーションもOKなのでしょう(多分、、、こんな時期でも?!?)。ハワイ政府観光局は、観光局のオフィシャルサイトで今回のテロ事件後のハワイの状況を公開しています。

グアム政府観光局ですが、現在日本語のオフィシャルサイトを作成中です。URLはwww.i-loveguam.comです。iLoveGuam.comは僕が持っているので、自動的に(www.i-loveguam.comへ)ジャンプするようなカタチで協力させていただいております。

グアム政府観光局の日本語のオフィシャルサイトは、11月下旬に公開される予定だそうです。

楽しみですね!

Back to Oahu

| コメント(0) | トラックバック(0)

ホテルで朝食を摂り、プールで遊んだあとチェックアウト。

昨日行ったCoconut Marketplaceでカウアイクッキー(!!)をお土産に買いました(このクッキー、恐らく各島でナントカクッキーという名前でパッケージを変えて売っているそれものと思われます)。

レンタカーを返し、エアラインカウンターでチェックイン。

荷物を預けるのもセキュリティチェックも非常にスムーズ。コーヒーショップでうどんとラーメンを食べながらのんびりしていたらいつの間にか出発時間が30分早くなっていて、危うく乗りそこなうところでした。

30分もしないうちにオアフへ、、、

着陸時には空港周辺の基地内に駐機している戦闘機がたくさん見えました(カッコイイ!)。

北部のKee Beachまで行きました。

天気がイマイチでしたが、途中のキラウエア灯台などに寄りながら、トットコ走りました(昨日クルマを交換しておいて正解でした)。雨が多いせいなのか、オアフよりも緑が濃く感じました。

後で聞いたハナシですが、北部にはセンタピー(百足)が、ポイプなどの南部にはサソリが多いそうです。濡れ落ち葉とかの下にいると思われるので、サンダル履きで歩く時には足下に注意しましょう(一応、知っておいた方が良いかもしれないカナと、、、)。

ランチはHanaleiのChing Young village内にあるピザ屋さんでピザを食べました。不動産屋さんがあったので覗いてみましたが、売り物件よりもTime Shareが目立ちました。

売り物件にしても決して安いワケではなく、住む所を選ぶと値段はオアフと変わりませんでした。昨日行ったワイメアキャニオンへの途中にあるWaimeaやKakahaは、町の佇まいそのものが良く、物件もそれなりの値段がしていました。

夜、ポイプにあるCasa di Amiciに夕食を行きました。チョット分かりにくい場所にあるのですが、お客さんはローカル(多分)のオシャレな白人ばかり。とても良い雰囲気です。

小さくて元気な子供がいる家族連れにはとてもオススメできません(笑)。

CASA DI AMICI RESTAURANT
2301 Nalo Road Poipu, Kauai, Hawaii 96756
Phone: 742-1555

今日は一日中ホテルで過ごしました。

昼間、F14(?!?)だかが2機、上空で訓練をしていました。

不謹慎かもしれませんがすごくカッコ良かったです。旅客機と戦闘機では聞こえてくる音が全然違うので、すぐに分かります。

プールサイドで本を読んだりカクテルを飲んだりゲームを楽しんだりイチャイチャしていた宿泊客たちも、思わずデッキチェアから起きあがって空を見上げていました。

僕は「我々が守っているから安心してリゾートの島でリラックスしてください。」と、前向き(自分勝手?!?)に解釈しました(なぜか泣けます、、、)。

夕食は近く(Wailua)のCoconut Marketplaceというショッピングセンター内にあったThe Eggbert'sというカフェレストランで卵料理をいただきました。

このマーケットプレイス、ギャラリーやレストラン、お土産やさんが集まっていて、なかなか良かったです。

ワイメアキャニオンへ行きました。

ルート50から550または552で北上します。山道は良く舗装されていてなかなか快適です。

ワイメアキャニオンルックアウトから更に奥へ進むと道がだんだん悪くなっていくのですが、そのままのスピードで走っていたら、轍でホイールを歪ませてしまいまい、駐車場でタイヤ交換をしました(笑)。

帰りの下りはゆっくり走りましたが、途中ホンダのXR(というオフロードバイク)に乗ったお兄さんが道のないところを走っていくのを見て、非常に羨ましかったです。

ワイメアキャニオンへ行く方法ですが、552で上って550で下るルートは正解カナ?!と思いました。走っていても眺めが良いです。麓近くまで下りてくると、大きめの家がいくつも建っています(眺めも良さそうだし快適だろうなぁ、、、)。

そういえばフと気が付いたことがありました。PTクルーザーが意外に多く驚きました。確かに町の建物やその雰囲気に違和感無くうまく溶け込んでいます。あのクルマが停まっていると絵になるような、そんな佇まいの町並みです。

帰りにレンタカー会社に寄り、クルマを交換してもらいました。

車種はまたしてもデーウー(このクラスだったらフォードのエスコートの方が快適カモ。サイパンで借りた時も、気分だけはカンクネン(オヒオヒ)で道無き道をドンドコ走りましたが、それはそれはスムーズでびっくりしました、、、)。

カウアイ入り

| コメント(0) | トラックバック(0)

そのまま徹夜でなんだかんだと作業を続け、8日の朝の飛行機に乗って、カウアイ島に来ました(今、ホテルからです)。

ホノルルの空港はなかなかの厳戒態勢で、M16(というアサルトライフル)をもったミリタリーやハンドガンを携えたセキュリティの方々は、警備に余念がありません。

チェックインカウンターは長蛇の列ができていました。ネイバーアイランド以外にも、サンディエゴやロサンゼルスといったウエストコーストに行く人たちの列もできていて、あまり広くないフロアが、人人人で混雑していました。

チェックインを済ませ、セキュリティチェックを通り、待合いのロビーへと向かいます。セキュリティチェックも念が入っています。ラップトップコンピュータは、あらかじめバッグから出しておくようにと紙に書かれていたので用意していたら、プラスティックのメッシュの箱に入れられ、チェックを受けていました。

ボディーチェックもゲートをくぐった後にもう一度係りの人が念入りにセンサーで調べます。ポケットあたりで「ピー!」と何かを感知するので、中を調べてみたらダイムが一個入っていました(笑)。

さらに、係りの人が、実際に体を触ってチェックします。

ローラーのコンベアでラップトップがゴロゴロ転がっていかないといいなぁなんて思っていたら、係りの人がちゃんと別にしておいてくれました。

ロビーで搭乗を待っていると、ちょうど、どこかのネイバーアイランドから日本の修学旅行生らしき団体さんが戻ってきました。娘が「あの人たちってフィールドトリップ?」と聞くので、多分そうだよと答えると、「何歳?」と聞くので、何歳だと思う?と聞き返したら、「ん〜、13くらいかなぁ、、、?」と言っていました。

彼らは高校生でした。

この時期に学校で旅行をすること自体は(あえて)特に問題無いと思いますが、久しぶりに見た(グループでかたまっている)日本の高校生たちを見て、こりゃタイヘンだと思ってしまいました。

引率の先生方も全然頼りなさそうでしたが、それにしても、どうしてあんなに他人の目が気にならないのでしょうかねぇ?、、、

閑話休題、久々(6年ぶりくらい?!?)のカウアイ島です。

今回はハワイアンエアを利用しました。娘はフライトアテンダントに交渉してコックピットを見せてもらっていました。こんな時でも子供の夢を等閑にしないのは流石だと思いました。西へ30分ほど飛ぶと、リフエ(Lihue)に到着しました。

空港に到着し、荷物を受け取り、インターネットで予約しておいたホテルに電話をし、パッケージに含まれているレンタカー会社を確認しました。

24,000マイルほど走ったデーウーのセダンでしたが、アクセルを踏むとかなりうなるのでそ〜っと走らなければなりません、、、

ホテルに荷物だけ預かってもらい、散策がてら昼ご飯を食べに行きました。コリアンスタイルのプレートランチ屋さんはメニューの表記の仕方がトリッキーで、2皿注文したつもりが3皿オーダーされていて、キャンセルできなさそうな雰囲気だったので、僕が怒って(=ヤな客)2皿にしてもらいました。

まだダイエット中なので(笑)、あまり食べずに再びホテルに向かいました。

チェックインを済ませ、客室へ。ツインで、広さも必要充分って感じです。

ホテルですが、ラディッソン(Radisson Kauai Beach Resort)です(プールで決めました)。全然寝ていないので、昼寝タイム。夕方起きて、プールへ。っと思いましたが寒いのでジャクージィでぼけっとしました。しばらくするとフラショウが始まりました。ジャクージィからフラを見ました。

夜はスターマーケットに食材(とアルコール)を買いに行きました。

大概の買い物はカードで済ませるつもりでしたが、現金を$20も持っていなかったので、一応少しだけ帰りに銀行でキャッシング。夕食は、そこで一緒に買った(なんちゃって)寿司でした。

明日はドライブの予定、、、

ハワイ入り

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本時間で10月8日午前一時半頃、アメリカ軍の報復が開始されました。

この日の早朝の飛行機でグアムを発ち、ハワイに戻ってきました。06:00発のフライトだったので、4時半頃行きました。チェックインはスムーズ。ラップトップ2台とハードディスクを持っていましたが、全く問題なくセキュリティチェックも通過することができました。

飛行機はボーイング767-400でした。備え付けのテレビは、足の部分がしっかりしていて今までのよりも丈夫にできていて、画面がちゃんと水平が出ているので気持ちが良いです(笑)。相変わらず食事のナイフはプラスティックでしたが、機内は前回の時よりも穏やかに感じました。

ハワイ時間で7日の17:30 頃、定刻通りに到着しました。

TOEIC980点獲得! ラクラク英語マスター法
 

MT42BlogBetaInner

コンテンツ

アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2001年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2001年9月です。

次のアーカイブは2001年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。