ハワイの天気と今日のハワイ アロハクラブ

ハワイの天気や今日のハワイ。旅行の前に確認したい、ハワイの天気や最新情報。ホテルや長期滞在型コンドミニアム、オプショナルツアーやスクール、本格的な語学留学、お土産、そして不動産情報まで。今週のハワイはアロハクラブでチェック。

ハワイ発 省エネと地球温暖化を考える

省エネルギーの必要性。環境問題として地球の温暖化により、海面上昇や異常気象などの悪影響が懸念されています。エコハワイは、自然豊かなハワイの島々を、そしてこの美しい地球を子供たちに残していくために、省エネをはじめ、私たちができることを模索し実践します。

グアムビジターズバイブル

グアムビジターズバイブルは、グアム旅行のためのトクする情報サイトです。グアムをこよなく愛する旅行者の皆さんへ、最新情報を現地からお届けいたします。また、グアムのニュースをメールマガジンにて配信しています。

  

モンスターカレンダー

« 2008年2月 »
1234567891011121314151617181920212223242526272829
2012年3月から、ユニクロでは社内の公用語が英語になりました。これからもっと増えるに違いない日本のグローバル企業化。英語、間に合うのならば今からやっておかないと。ハワイに移住を検討しているのならなおさら、、、TOEIC980点獲得! ラクラク英語マスター法
ハワイ移住
ハワイに移住

2008年2月アーカイブ

ハワイ島のマウナケア山頂(標高約4,200m)に国立天文台が設置している「すばる望遠鏡」の、近赤外線コロナグラフカメラCIAO(チャオ)を用いて観測した結果、総合研究大学院大学、国立天文台などの研究者からなるチームが、FN Tau(おうし座FN星)と呼ばれる重さが太陽の10分の1しかない若い星を確認、惑星が生まれる現場である原始惑星系円盤を、直接撮像することに成功しました。

地球のような惑星は、若い星を取りまく円盤状のガスと塵のかたまりから生まれます。そのため、この円盤は「原始惑星系円盤」ともよばれ、太陽のような恒星が生まれ成長するのと同時に自然につくられる構造で、円盤中で塵が成長して微惑星が形成され、微惑星どうしの合体衝突などによって、惑星が誕生すると考えられています。

ですから、惑星がどのように形成されるのかを理解するには、若い星の円盤を調べれば良いということになります。惑星の誕生は、天文学における最重要研究課題のひとつで、年齢10万年〜100万年程度の若い星の星周構造を調べる研究が、以前から盛んに行われています。

今回、この原始惑星系円盤を観測したFN Tauは、太陽の重さのわずか10分の1しかない軽い星で、地球から460光年離れたおうし座の方向にあり、誕生後10万から100万年程度の恒星です。惑星には、比較的小さい地球型惑星と、その数百倍の質量をもつ木星のような巨大惑星が存在しています。

太陽系には両タイプの惑星があり、FN Tauの周りに見つかったような軽い円盤の中では、小さな地球型惑星しか形成されないと考えられています。すなわち、地球のように小さい惑星が、もしかしたら太陽系外で初めて見つかる可能性があるというわけです。

これまでに発見された、約270個の太陽系外惑星の多くは木星型巨大惑星で、最小でも地球の質量の5倍もあります。地球型惑星と言える例はまだありません。

太陽系外惑星探査の急務は、今回のような軽い星の周りで地球型惑星を発見することなのですね。

Subaru Telescope, NAOJ
www.subarutelescope.org

現在、ホオポノポノについて確認中です。
なるほどねぇ、、、

ハワイ島にて地球型惑星誕生の場を発見 ハワイ〜アロハ 2008年2月24日〜2008年3月1日 Vol.3 No.8

兵庫県芦屋市在住の海洋冒険家、堀江謙一さん(69歳)が、来月の3月、波の力だけで進む波浪推進船による、世界初の航海に挑戦します。

堀江さん、波浪エネルギーでハワイから日本へ新型船、SUNTORYマーメイド2号(全長9.5m、最大幅3.5m)にてハワイを出航、7,000km先の日本を目指します。船は、今月18日に神戸で貨物船に船積みされ、出発地のハワイに向かいます。

マーメイド2号は、水平に並ぶ2枚の水中翼が波に乗って上下に揺れながら、平均3ノット(時速5.6キロ)で進みます。波浪推進船の原理は、航空機の翼に生じる揚力と同様、水中翼の上下を通過する水流の速度の違いで生まれる力を、推進力に生かす仕組みになっています。

航海は、3月16日にホノルルを出航し、太平洋を西へと進んで行き、5月の下旬に、和歌山県徳島沖の、紀伊水道に到着する予定です。

SUNTORY-MERMAID.COM
www.suntory-mermaid2.com

先週はなかなか良い天気でした。
今週もピーカンが続きそうです。
良かったヨカッタ、、、

堀江さん、波浪エネルギーでハワイから日本へ ハワイ〜アロハ 2008年2月17日〜2008年2月23日 Vol.3 No.7

ハワイにツアーデスクを持つ旅行会社、マリンエクスプレスでは、「オアフから元気をもらおうヒーリングツアー」を催行中です。

ワイキキを出発したあと、ハワイカイ、マカプウ、アイエア、ノースショアなど、オアフ島内のイーストサイドや、ノースショアエリアに点在している、ヘイアウ(Heiau: 古代ハワイの神殿跡)やパワーストーンなど、ハワイの聖地「パワースポット」を巡るツアーです。

ハワイの自然からのエネルギーによって、心身ともに癒しを求めている参加者が多いとか?

ツアー料金は、大人$82.00、子供(3〜11歳)$53.00、幼児(2歳以下)$28.00。

料金には、ホテル送迎、パワースポットオリジナルガイドブック、捧げ物としてのレイ、日本語ガイドが含まれています。

ツアーで訪れるパワースポットは下記の通りです。

ワイキキカフナストーンズ(車窓から)
パーフアヘイアウ(五穀豊穣 15分)
ペレの椅子(エネルギー 15分)
マカプウヒーリングプール(悩み解消、禊、旅行の安全 30分)
ケアイヴァヘイアウ(病気治療、癒し 30分)
バースストーン(安産、癒し 30分)
ワヒアワヒーリングストーン (病気治療、癒し 15分)

料金: 大人$82.00、子供(3〜11歳)$53.00、幼児(2歳以下)$28.00
催行日時: 日曜日を除く毎日 09:00〜15:30

マリンエクスプレス
場所: 2255 Kuhio Ave #710 (Waikiki Trade Center), Honolulu, HI 96815
営業時間: 9:00〜13:00、15:00〜18:00
問い合わせ先: (808)923-7774

ハワイのオプショナルツアーならまっぷるカウンターハワイ
www.mapplehawaii777.com

余計なお世話だと思いましたが、やっぱり書きますね。

プラスのエネルギーに飢えている人の中には、プラスのエネルギーを持っている人からエネルギーを奪おうとする人がいます。自分で分かっていてする人も(たくさん)いますが、自分では気がつかないうちにしている人も(大勢)います。

プラスのエネルギーが必要だと自分で感じたら(苦労はないのですが)、プラスのエネルギーを充填しましょう。

プラスのエネルギーを持っている人から分けてもらうのもひとつの方法ですが、おススメは、、、

ズバリ、「自然からいただく」ことです。

プラスのエネルギーは、自然からいただきましょう。

海に浸かる。砂浜に身体を埋める。木々花々を眺める、、、
ハワイでは、どれも無料です(笑)。

ヘイアウなどを訪ねてまわるツアーが人気だそうですが、ハワイのことを、イヤ、せめて訪れるヘイアウについてだけでも、自分なりに調べてからにすることをおすすめします。マノアの滝などを訪れる際も同様です。

畏怖。謙虚。敬意。感謝、、、

ホテルに戻ったら、バスタブにたっぷりとお湯を張って、ゆっくり浸かりましょう。

アロマオイルをたらしたり、キャンドルを灯したりしながら、ゆ〜っくりと時間をかけて、のんびりお湯に浸かってください(バスルームから水平線に沈む夕陽が見えたりなんかすると、もっとイイですね!)。

ではではドウゾ、懐たっぷりのハワイをお楽しみください。

ハワイのヒーリングツアー ハワイ〜アロハ 2008年2月10日〜2008年2月16日 Vol.3 No.6

ハワイ州、オアフ島の南約100kmの海上で、2月1日の午後(13:40頃)、ハワイ州空軍のF15戦闘機が墜落しました。パイロットは脱出後、海上で沿岸警備隊に救助され無事です。アメリカ空軍は、現在、原因を調査しているところです。

アメリカ空軍のF15に関しては、2007年11月に、アメリカのミズーリ州で墜落事故が発生し、事故調査にて機体を支える骨組みに異常が見つかりました。

その際、アメリカ空軍は、沖縄県の嘉手納基地所属の約50機を含む、ほとんどのF15について飛行を停止し、安全が確認された機体について、今年の1月に飛行を再開したばかりでした。

今回の事故で新たな問題がF15に見つかり、もしも早期退役になってしまったら、F-15Jが主力の日本の航空自衛隊はどうするのでしょうね(アメリカにはF16やF22があるから構わんのか?)。

Air Force Link - Photos
www.af.mil/photos/

モノの値段やサービスの料金。これらには、コストや利益以外に、何らかの問題が生じた時に、責任の所在を言及された際に支払うであろう代償が含まれています。

リスクを負うことはせず、問題の解決ではなく責任の所在の言及に終始する、昨今の文化。これなら確かに失敗は起こらなくなるかもしれません。しかし、その代わりに、新しいことは何ひとつ成されないでしょう(だって失敗しないんだもん、、、)。

試行錯誤の末に成功すること。それが革新。

(失敗という)リスクを負いながら、試行錯誤とともに自主的に問題を解決していく人だけが、新しいことを成していくのです。

そこに敬意をはらえない人は、受け手はもちろん提供者すら発展していくことはできません。革新などありえません。

生産者と消費者の関係が、もっと密接になっていくと思います。だとしたら、豊かな人たちがますます豊かになっていく様が、容易に想像できます。

クオリティーはもちろんですが、サービスに対する要求が高まり、ストレスを受けて安く買うよりも、大切に扱われながら高く買うことを選択する、質の良い消費者たち。彼らは、自らもまたクリエイターであることをはっきりと自覚しており、創り手の立場に立ってものごとを考えることができます。

と同時に、そういう心身共に豊かなお客様に買っていただくべく、試行錯誤しながら成功していく革新的な提供者や生産者たちが増えます。彼らは、消費者の立場に立ってモノやサービスを創り上げていくことができます。

逆に、キレる消費者は、今後もますます増えていくでしょう。でもそんな人たちは、そのうち生産者たちから愛想を尽かされることでしょう。リスクを負うことはせず、責任の所在の言及にばかり終始するような人たちは、クリエイターの間では厄介者でしかありませんので、、、

自分が少しでもソンをしようものなら、手段を選ばずどこまでもどこまでも徹底的に追いつめる。そのくせ自分のミスになると、なりふり構わず他人のせいにしたり、それ自体を撤回させようと立ち回る。

そんな人たちとは関わりたくありません。

ハワイでF15戦闘機が墜落 ハワイ〜アロハ 2008年2月3日〜2008年2月9日 Vol.3 No.5

TOEIC980点獲得! ラクラク英語マスター法
 

MT42BlogBetaInner

コンテンツ

アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2008年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年1月です。

次のアーカイブは2008年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。