ハワイの天気と今日のハワイ アロハクラブ

ハワイの天気や今日のハワイ。旅行の前に確認したい、ハワイの天気や最新情報。ホテルや長期滞在型コンドミニアム、オプショナルツアーやスクール、本格的な語学留学、お土産、そして不動産情報まで。今週のハワイはアロハクラブでチェック。

ハワイ発 省エネと地球温暖化を考える

省エネルギーの必要性。環境問題として地球の温暖化により、海面上昇や異常気象などの悪影響が懸念されています。エコハワイは、自然豊かなハワイの島々を、そしてこの美しい地球を子供たちに残していくために、省エネをはじめ、私たちができることを模索し実践します。

グアムビジターズバイブル

グアムビジターズバイブルは、グアム旅行のためのトクする情報サイトです。グアムをこよなく愛する旅行者の皆さんへ、最新情報を現地からお届けいたします。また、グアムのニュースをメールマガジンにて配信しています。

  

モンスターカレンダー

« 2013年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2012年3月から、ユニクロでは社内の公用語が英語になりました。これからもっと増えるに違いない日本のグローバル企業化。英語、間に合うのならば今からやっておかないと。ハワイに移住を検討しているのならなおさら、、、TOEIC980点獲得! ラクラク英語マスター法
ハワイ移住
ハワイに移住

ハワイの教育事情の最近のブログ記事

ハワイ州巡回裁判所で6月20日に行われた裁判で、パールリッジ小学校(Pearl Ridge Elementary School)の元事務職員、デニスハヤシ(41歳)が、$68,870を窃盗したことに関して、第一級盗難罪と98の第二級文書偽造罪を認めました。

彼女は2008年6月から2年間に渡り、パールリッジ小学校の口座のから、小切手を偽造してお金を窃盗していました。

窃盗した金額は、すでにすべて返金したとのこと。ハワイ州との司法取引において、5年間の保護観察、1,500時間のコミュニティーサービス、$10,000の罰金、2010年8月の裁判費用$10,695に対して、これらを認め、さらに学校への謝罪文を書くことも承諾しました。彼女は、2010年の9月に職を解雇されています。

彼女に課せられている、月25時間のコミュニティーサービス、毎月$450の罰金の支払いを怠った場合、1年間、刑務所に留置されることになります。

窃盗した金額は、保護者より徴収した学生活動費であったとのことで、去年の10月にも、パールシティーのレフア小学校(Lehua Elementary School)で、ジャネルエチベリ被疑者が$15.909を窃盗するという、同じような事件が起こっています。

景気が低迷しているとかで、州の税収が減り、ハワイの公立の学校は、今週から週休3日になります。

ハワイ州は、教員への支出を削減するために、金曜日を休校にして教員の出勤日数を減らすことにしました。

今年度、金曜日が17回休みとなるのです。

これにより、ハワイの子供たち17万1000人の年間授業日数は、180日から163日となります。

アメリカには、最低年間授業日数を定めるといった規制はありません。とはいえ、アメリカ国内の大半の州では、年間180日以上の授業日数が確保されています。

年間授業日数が180日を下回る州は、50州のうち11州のみ。ハワイ州の163日は、全米で最も少ない授業日数となります(ハワイの次は、ノースダコタ州の173日)。

ハワイ州のパトリシアハマモト教育長曰く、

「厳しい経済情勢が続く間は、学校教育や学生向けサービスを提供するために、教育当局がもつ資源を活用する」

と説明。

資金がまかなえるようになれば、
週5日の授業を再開したいとしています。

教育当局がもっている「資源」って何でしょう?
いつ、どうやって子供たちはそれを活用できるのでしょう?

一番大切な資源とは、
人財としての教員なのではないのですか?!

で、その人材なんですが、、、

一年365日。

週休2日プラス半月のバケーションとして、年間就労日数は246日。

今までの最低年間授業日数180日で計算すると、授業がない66日間は、授業のための準備や仕込みなどで、学校で働かれていらっしゃったのでしょう。

その66日、17回の金曜日には充てられなかったのでしょうか?

17日間、授業日数を減らされることで、収入が減るわけですよね?

とはいえ、
246日のうちの17日間ですよね?!

単純に計算すると、
約7%の収入減ってなりますけど、、、

仮に180日のうちの17日間として計算しても、
約9.5%の収入減です。

アメリカ国内の失業率が10%(9.8%)のご時世に、7〜9%の収入減で仕事が確保されているなんて、メチャクチャ恵まれた業界だと思うのは僕だけでしょうか?

7〜9%の収入カットを受け入れ、授業日数は今まで通りで子供たちに教育を施すといった、心意気のあるアツい先生は、ハワイにはいないのでしょうか、、、
(それとも組合とかの絡みで、したくてもできないんですか?)

学校からの書類に混じって、「金曜日、一日$39で!」みたいな、カマアイナキッズなどの業者さんのチラシもチラホラ。

ひとクラス20人。
一人$20で、20人で$400。

「先生! これで金曜日、授業やっていただけませんか?!」

ってお願いしてみる(17回で$6,800になりますよ)とか、
何かアイデアはありませんかねぇ、、、

「どうして金曜日がお休みになるの?」

「ハワイ州が先生に給料が払えないから、先生も学校に来ないんだって」

「どうして先生、授業してくれないの?」

「所詮お金のために働いているってことなのかなぁ、、、
 仕事の仕方、考え方が、根本的に違うのかもねぇ、、、
 これからの時代、あんな風になってはイケマセン」

マネタリー経済からボランタリー経済へ。
はたして貨幣の経済が善意の経済へとなる日は来るのでしょうか?
(ハワイでこそ、どこよりも早く実現して欲しいんですケド、、、)

学力の低さでもどこにも負けないハワイの教育事情。
今回の授業日数の減少で、子供たちの学力低下に拍車がかかること間違いなし。

馬鹿がもっと馬鹿になる日。

明日、10月23日の金曜日が、その最初の日となります。

ちなみに、私立の学校に通う子供たちには、今件、全く関係ありません。

優秀な学生ほど、
卒業したらハワイ州を出て行きます。

ハワイに貢献する若者たちが、
ハワイから生まれることを祈りつつ、、、

TOEIC980点獲得! ラクラク英語マスター法
 

MT42BlogBetaInner

コンテンツ

アーカイブ

最近のコメント

アイテム

  • 121217-mr-daniel-k-inouye.jpg
  • 121217-senator-of-hawaii.jpg
  • 121224-wi-fi.jpg
  • 121201-ja-hawaii-book.jpg
  • 110809-1925-0018.jpg
  • 110809-1922-0023.jpg
  • 1108011-tokyo-eiken.gif
  • 110811-kankyo-hoshano.jpg
  • 110621-hawaii-b-cycle.jpg
  • 110621-hawaii-kai-map.jpg

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちハワイの教育事情カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはハワイの保険 各種いろいろです。

次のカテゴリはハワイの生活 ハワイアンライフです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。