ハワイの天気と今日のハワイ アロハクラブ

ハワイの天気や今日のハワイ。旅行の前に確認したい、ハワイの天気や最新情報。ホテルや長期滞在型コンドミニアム、オプショナルツアーやスクール、本格的な語学留学、お土産、そして不動産情報まで。今週のハワイはアロハクラブでチェック。

ハワイ発 省エネと地球温暖化を考える

省エネルギーの必要性。環境問題として地球の温暖化により、海面上昇や異常気象などの悪影響が懸念されています。エコハワイは、自然豊かなハワイの島々を、そしてこの美しい地球を子供たちに残していくために、省エネをはじめ、私たちができることを模索し実践します。

グアムビジターズバイブル

グアムビジターズバイブルは、グアム旅行のためのトクする情報サイトです。グアムをこよなく愛する旅行者の皆さんへ、最新情報を現地からお届けいたします。また、グアムのニュースをメールマガジンにて配信しています。

  

モンスターカレンダー

« 2007年10月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012年3月から、ユニクロでは社内の公用語が英語になりました。これからもっと増えるに違いない日本のグローバル企業化。英語、間に合うのならば今からやっておかないと。ハワイに移住を検討しているのならなおさら、、、TOEIC980点獲得! ラクラク英語マスター法
ハワイ移住
ハワイに移住

ワイキキにビーチを増やす?!?

| コメント(0) | トラックバック(0)

もう一カ月も前の話になってしまいましたが、ツーリストの皆さんにとって最も身近なワイキキの話なので、やはり紹介させていただきます。

シェラトンワイキキホテルを所有するキョーヤホテルズ&リゾート社は、シェラトンワイキキホテルの前に、砂浜を拡張する計画を発表しました。

この砂浜の拡張計画に関して、同社はまだ承認は受けていませんが、ハワイ州では、砂の埋め立てによる海洋環境への影響を調査するとしています。

現在のシェラトンワイキキホテルの前は砂浜がなく、防波堤があるだけです。

キョーヤホテルズ&リゾート社は、波の浸食でなくなってしまった「ギャリーズビーチ」と呼ばれた砂浜を再生させるとともに、T字型のビーチエリアを造ろうとしています。パブリックなエリアとプライベートなエリアを造り、プライベートエリアは、ホテルゲストのためだけに利用したいとしています。

同社は、「砂浜の拡張事業は、同地区のサーフスポットである『ポピュラーズ』の波に影響を与えるものではない」と述べていますが、サーファーの人たちは、ビーチを造るための砂の補填(ほてん)や海岸の改装事業が、波の状態を変えてしまう可能性は確実として懸念しています。

ハワイ州土地自然資源局の代表は、「今回の海岸拡張工事のメリットは、75フィートに渡り一般市民や旅行者が使用できる砂浜が造れること」と述べています。

このビーチ拡張工事を実現させるためには、ホノルル市議会、ハワイ州議会、連邦政府代議委員の半数以上の承認が必要です。

僕は占い師でも専門家でもありませんが、ここでキョーヤホテルズ&リゾート社に気がついていただきたいことがあります。

同社がビーチを拡張する理由として挙げている、「波の浸食でなくなってしまった『ギャリーズビーチ』と呼ばれた砂浜を再生させる」という点です。

波の浸食でなくなったのだとしたら、仮に補填してビーチを拡張したとしても、再び波の浸食でなくなってしまう可能性があるとは思いませんか?

それに対処すべく、「T字型のビーチエリアを造ろう」としているのだとしたら、その拡張工事に伴い、新たな波の浸食を生み出し、他のビーチが消えてなくなってしまう可能性はいかがですか?

ギャリーズビーチが無くなった理由が波の浸食だとしたら、その浸食は、他のエリアの何らかの工事が原因かもしれません。この時点では、あなた方はギャリーズビーチを失った被害者とも言えるでしょう。

しかし、それを取り戻すべくビーチ拡張のための工事を進めるとしたら、今度はあなた方が加害者になるかもしれないということを、覚悟して取り組んでいただきたいと思います。

もちろん、波に影響も与えず、潮の流れも変えず、ギャリーズビーチを取り戻せるのならば、それが一番良いのかもしれません。

ただ、ワイキキの海が、極めて絶妙なバランスのもとに均衡が保たれているのだとしたら、上記3つの良いことづくめの逆のことが、どこかにしわ寄せされる可能性もまた無視できないでしょう。

そんなことを言っていたら、何もできないではないか?

って?!?

だからよく考えて、
よくよく考えてから決めていただきたいのです。

Waikiki Project Would Create Beach - Hawaii News Story - KITV Honolulu (2007年9月19日付け)
www.thehawaiichannel.com/news/14155060/detail.html

先月から毎週ある方と問答をしています。先週のお題が面白かったので、皆さんにも紹介させてください。答は決まっていませんので、良かったら皆さんも考えてみてください。参考までに、僕の答を添えておきますね。

> 智徳と経営 如何

「智徳」、恥ずかしながら初めて聞きました。

Googleで調べたら、
野球選手の名前ばっかりでした(笑)。

> 昨今 世の風潮が 理に片寄り過ぎて
> 経営の智徳が 厳しく問われています

上記をヒントとして考えてみました。

法人でも個人でも、
他人様のお役に立つための仕組みと、
それを正しく管理、発展、成長させることが「経営」。

「智徳」とは、
経営する上での「志の高さ」でしょうか?!

その時その時の一時的なブームや人々のノリ、
一過性のニーズ、メディアの煽りに便乗して、
ただただ目先の利益を追求するばかりではなく、

出会いや売買、契約などのその先にある、
他人様(相手、顧客)の幸せな人生を送る
お手伝いをさせていただいているという意識(志)。

100年200年、1000年単位で
人々の幸せを考える高い志と、
そのために自ずと必要となる智恵。

そこに磨きをかけ、その智恵や勇気を、
惜しみなく他人様の幸せのために使うことが、
結果として徳を積むことにつながっていく。

> 私達は人生を経営しています

自分を経営しているのは、自分ですもんね。
怒るのも自分、泣くのも自分。自分のことは
自分しかコントロールできません。と思えば、
他人のせいになどしなくなります。

何かを「する」側から、
今度は「される」側に立って
自分を経営(マネージメント)する時でも、
相手(の商品やサービス、立場)を
正しく分析して理解しようと心がけることで、
お互いが「経営者」として、
良い関係が築けるのではないでしょうか。

自分だけが得をしたい
自分だけが儲かれば良い

といった意識では、
決して築けませんよね。

> 氣高き情の智徳が いま足りないようです

思い遣りとか
慈悲の心のことでしょうか?!?

> 人生経営に智徳を注ぎましょう

自分の人生は自分が経営している

という考え方は、
今回、読ませていただき初めて考えました。
確かにそうですよね。

> 貯徳感動人生のはじまりですよ

徳を貯めるのも
経営のひとつなのですね!

面白い!

ワイキキにビーチを増やす?!? アロハクラブ 2007年10月21日〜2007年10月27日 Vol.2 No.42

TOEIC980点獲得! ラクラク英語マスター法
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hawaiicrazy.com/mt/mt-tb.cgi/225

コメントする

「編集後記 ハワイ〜アロハ」カテゴリの関連記事
トモダチ作戦エコムがアメリカ、ハワイ用4G Wi-Fiルータプランを提供開始Aloha from Hawaii国民皆保険でアメリカの国民は健康になれるのか?気 ヒーリング in ハワイハワイ州誕生50年DFSギャラリアハワイのクリアランスセールJALハワイ線の危険対象海域を迂回ハワイ州制定50周年記念プロモーションマリアナ海溝海洋ナショナルモニュメント制定トリプルクラウンオブサーフィン 2008ハワイを訪れる観光客が減少中消えるワイキキビーチハワイ滞在中に覚えておきたい4つの薬アロハフェスティバルカイルアマップ日本語版デュークスオーシャンフェスト 2008ハワイにフェラーリーストアがオープンハワイ試練の時ワイキキネイワイキキトロリーにタダで乗る方法サマーラハイナヌーンハワイ旅行5泊7日をプレゼント独立記念日のカイルアでのパレードと花火大会フレイバーズオブホノルル開催ダウンタウン歴史街道日本語ツアーロイヤルハワイアンセンターのグランドオープニングイベントまつりインハワイ開催50thステイトフェア2008イオラニパレスのガイドツアーアトランティスサブマリンツアー20周年記念プレゼントStories of Hawaii先日のカイルアビーチ(2008年4月21日 月曜日)添乗員さんが同行するハワイ旅行ハワイ安全マニュアル「タビビト」にてハワイ編公開中第45回メリーモナークフェスティバルハワイ島のキラウエア火山を安全に見学するために先日のカイルアビーチ先日のラニカイビーチワイキキトロリーが運賃値上げハワイ島にて地球型惑星誕生の場を発見堀江さん、波浪エネルギーでハワイから日本へハワイのヒーリングツアーハワイでF15戦闘機が墜落ハワイの住宅ローンの最新レートハワイスーパーフェリの特別料金キャンペーン延長シェラトンワイキキでハワイの文化を学ぶThe Law of Attraction.アメリカに入国する外国人は指10本ハワイ沖にて初の弾道ミサイル迎撃に成功ラグジュアリーロウ アット 2100 カラカウア アベニューハワイスーパーフェリーの運航開始は2007年12月13日ですハワイのベッドアンドブレックファーストステルス機がハワイで爆撃訓練を実施ハワイのガソリン、上昇中インターナショナルワイキキフラカンファレンスウォルグリーンズのハワイ1号店オープンハナウマ湾の海洋保護区化から40年ワイキキにビーチを増やす?!?ハワイ沖で日本がミサイルの試射実験を実施DV2009 自分で申請する米国永住権抽選プログラムモイリイリフェスティバル癒しのハワイ島とっておきのパワースポットへアロハフェスティバルハワイのホテルランキング TOP 25ハワイポッドキャスト「Life 天国で君に逢えたら」@サンセットオンザビーチアロハの心ハワイ州制記念日ハワイにエルビスプレスリーが帰ってきました!ハワイアンウォーターズアドベンチャーパークアラモアナセンターのクウォータリーセールハワイ最古のフラフェスティバルハワイ旅行、円安だって大丈夫ハワイスーパーフェリーとオアフ島の定期フェリーアラモアナビーチでクリーンナップイベント日本語で大丈夫ハワイモアナサーフライダーウェスティンリゾート誕生オアフの電力会社が太陽光発電を導入ハレクラニの特別プラン50thステイトフェア2007ダイヤモンドヘッドクレーターセレブレーションイオラニ宮殿のオーディオガイドツアーアイラブカイルア タウンパーティキムテイラーリースギャラリーがチャイナタウンにオープンダライラマ14世がマウイ島で講演第44回メリーモナークフェスティバル10年間有効のハワイ旅行が当たりますホノルルにR2-D2の郵便ポストが登場しますグレートハワイアンラバーダッキーレースバリアフリーに特化したハワイのガイドブック発売ハワイ発 省エネと地球温暖化を考えるワイキキ歴史街道日本語ツアーワイキキビーチウォークに「ヤードハウス」オープン第23回グレートアロハランアイホップのパンケーキ食べ放題ザ ロイヤル ハワイアン 開業80周年「マリブシャツ」オープンホクレア号出航ソニーオープンハワイ紅白歌合戦にてジェイクが演奏しますザトウクジラの歌クイックシルバーインメモリーオブエディアイカウホノルルマラソンホノルルシティライツハワイオノリシャスアワード2007サンクスギビングデイどんな長雨もいつかは止みますオマエが一番エラそう最も注目されている「その程度の町」あの程度の地震でこのザマですチェケラッチョ!!ドンキホーテがグランドオープンハワイ王朝物語ホノルルセンチュリーライド 2006クラゲの発生にご注意人間だって、やればできるんです気になるフェスティバルリボン1,000年先の地球を考えて生きていますか?第5回デュークカハナモクホオラウレア二拝二拍手一拝みんな、読めるんかなぁ、、、第36回ウクレレフェスティバルワイキキ水族館のケカニオケカイホノルルマラソンのオンラインエントリー開始ラハイナヌーンベイフェスト 2006プライドオブハワイ就航第15回 テイストオブホノルルハワイでのワールドカップの放送カイルアの我が家にはエアコンがありません特に欲しいモノはありませんが歯を大切にしましょう「ハワイクレイジー」って、聞いたことあります?Welcome to the United Statesゴールデンウィークをハワイで過ごすラッキーな皆さまへヤルなぁ、、、(続き)ヤルなぁ、、、夜が悲惨です(いろんなイミで、、、)JCBカードでワイキキトロリーが無料アンバランスなことをしていると「ハワイのツアー」というコーナーを作りましたアロハスタジアムにてスポーツカーニバルが開催今度見かけたら埋めるからねマリオットの「グリーンプログラム」なんですが、、、外国人に対する移民局の対応牧師さんから直接お話を聞くこと3時間ハワイの不動産市場2畳半ってどれくらいの広さ?祇園精舎の鐘の声「感じますか?」「わかりません!」ある現地の旅行業界関係者から聞いたハナシ、、、AlohaHawaii.com、始動します

MT42BlogBetaInner

コンテンツ

アーカイブ

アイテム

  • 121217-mr-daniel-k-inouye.jpg
  • 121217-senator-of-hawaii.jpg
  • 121224-wi-fi.jpg
  • 121201-ja-hawaii-book.jpg
  • 110809-1925-0018.jpg
  • 110809-1922-0023.jpg
  • 1108011-tokyo-eiken.gif
  • 110811-kankyo-hoshano.jpg
  • 110621-hawaii-b-cycle.jpg
  • 110621-hawaii-kai-map.jpg

このブログ記事について

このページは、Takaが2007年10月20日 11:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハワイ沖で日本がミサイルの試射実験を実施」です。

次のブログ記事は「ハナウマ湾の海洋保護区化から40年」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。