ハワイの天気と今日のハワイ アロハクラブ

ハワイの天気や今日のハワイ。旅行の前に確認したい、ハワイの天気や最新情報。ホテルや長期滞在型コンドミニアム、オプショナルツアーやスクール、本格的な語学留学、お土産、そして不動産情報まで。今週のハワイはアロハクラブでチェック。

ハワイ発 省エネと地球温暖化を考える

省エネルギーの必要性。環境問題として地球の温暖化により、海面上昇や異常気象などの悪影響が懸念されています。エコハワイは、自然豊かなハワイの島々を、そしてこの美しい地球を子供たちに残していくために、省エネをはじめ、私たちができることを模索し実践します。

グアムビジターズバイブル

グアムビジターズバイブルは、グアム旅行のためのトクする情報サイトです。グアムをこよなく愛する旅行者の皆さんへ、最新情報を現地からお届けいたします。また、グアムのニュースをメールマガジンにて配信しています。

  

モンスターカレンダー

« 2007年6月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012年3月から、ユニクロでは社内の公用語が英語になりました。これからもっと増えるに違いない日本のグローバル企業化。英語、間に合うのならば今からやっておかないと。ハワイに移住を検討しているのならなおさら、、、TOEIC980点獲得! ラクラク英語マスター法
ハワイ移住
ハワイに移住

2007年6月28日アーカイブ

ハワイ州観光局によると、ハワイの禁煙法について、以下のように説明しています。引用しながら要約しましたので、これからハワイを訪れる愛煙家の皆さん、どうぞ参考にしていただければ幸いです。


健康に関する人々の意識が高まりつつある昨今、世界中で喫煙ルールの改正が始まっています。

ハワイ州では、2006年11月16日より、非喫煙者の健康を間接喫煙から守り、クリーンな環境を作ることを目的として、新禁煙法(Healthy Air & Workplace Law)が施行されています。

これに伴い、ハワイ州では公共の場での喫煙エリアを指定し、分煙を推し進めていきます。

非喫煙者の間接喫煙による健康被害は、喫煙者と同等と言われています。愛煙家の皆さまには、周囲への思いやりと環境への配慮という趣旨をご理解いただき、ご協力いただきますよう、お願いいたします。


喫煙可能なエリア(Smoking Area)

空港、ホテル、ショッピングセンターなどでは、所定の喫煙エリアをご利用ください。

屋根や壁に囲まれない屋外(例: 公園、ビーチ、歩道。ただし、海洋生物保護区指定のハナウマ湾を除きます)
ホテルなど、宿泊施設内の喫煙ルーム
ホテル、ショッピングセンターなどに設置された喫煙エリア
空港屋外に設置された喫煙エリア(「喫煙エリア」の標識があります)
個人の住居

ホテルの喫煙エリアに関しては、宿泊ホテルまたは旅行会社へお問い合わせください。
喫煙可能な場所でも、出入り口や窓、エレベーター、換気装置部分より20フィート(約6メートル)圏内は、禁煙区域となります。

歩道では、備え付けの吸い殻入れの周りが喫煙エリアとなっています(携帯灰皿も持っておくと便利です)。空港などでの喫煙は、屋外に設置された喫煙エリアを探しましょう。


禁煙エリア(Non Smoking Area)

個人の住居、ホテルの喫煙ルームや所定の喫煙エリアを除き、建物内での喫煙は禁止されます。

個人の住居、ホテルの喫煙ルームや所定の喫煙エリアを除く建物内(例: 空港施設、ホテルロビー、ショッピングセンター、レストラン、バー、クラブ)
公共交通機関(バス、タクシー、トロリーなど)
屋外アリーナ、スタジアム、競技場などの座席部分
建物の出入り口や窓、エレベーター、換気装置部分より20フィート(約6メートル)圏内

上記の場所以外でも、禁煙サインが掲示されている場所では禁煙です。法律に違反した個人には、最大US$50.00、企業には最大US$500.00の罰金が科せられます。

ショッピングセンターなどエリア全体が禁煙の場合もありますので、禁煙サインをお見逃しのないように注意しましょう。


ハワイでの喫煙マナーについて Q&A

Q1: ハワイでの喫煙マナーで、気をつけることは?

A1: 携帯灰皿を活用し、自然環境にも配慮しましょう。たとえ喫煙可能な場所でも、タバコのポイ捨てや周囲に迷惑をかける歩きタバコは厳禁です。周囲を思いやり、美しい環境を汚すことのないように心がけましょう。

Q2: ゴルフ場での喫煙状況は?

A2: クラブハウスやカートでは禁煙。コース上は場所によって喫煙可能です。コース上では、灰皿が設置されている場所で喫煙する、携帯灰皿を使用するなど周囲への配慮をお忘れなく。

Q3: レンタカー車内は禁煙?

A3: 車内で喫煙される方は予約時に喫煙車をリクエストすることができます。予約状況、希望車種などによって状況は異なりますので、詳しくはレンタカー会社へお問い合わせください。

Q4: 宿泊ホテルのどこでタバコが吸えるの?

A4: ホテルによってルールが異なります。詳しくは、ホテルまたは旅行会社へ事前にお問い合わせください。法律では、館内の20パーセントまで、喫煙ルームを設けることが許されています。喫煙を希望される方は、予約時にお問い合わせください。喫煙ルーム内、ラナイ(ベランダ)、ホテル外の喫煙エリアなど、ホテルによって喫煙可能な場所は異なります。法律の施行に伴い、全面禁煙としているホテルもあります。


灰皿が設置されていない屋外で喫煙する時は、必ず携帯灰皿を利用するようにしましょう。また、喫煙エリア内で喫煙する際も、周囲の人への配慮は忘れないように心がけましょう。

お互いを思い遣るアロハスピリットで、
ハワイでの滞在を心地良いものにしたいですね。

TOEIC980点獲得! ラクラク英語マスター法
 

MT42BlogBetaInner

コンテンツ

アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2007年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年6月23日です。

次のアーカイブは2007年6月30日です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。