Top >  編集後記 ハワイ〜アロハ >  オアフの電力会社が太陽光発電を導入

ハワイに移住

オアフの電力会社が太陽光発電を導入

オアフ島内に電力を提供しているHECO(Hawaiian Electric Company, Inc.)は、自社の使用電力用に、太陽光発電システムを設置することを発表しました。

HECOでは、ハワイにあるホクサイエンティフィック社のホクソーラー(Hoku Solar)という光発電システム(photovoltaic power system)を、ワードアベニューのサブステーションの屋上に設置し、来年のはじめには可動させる予定です。

光発電システムは、設置されたパネルに太陽光が当たると、すぐに電気エネルギーに変わり、電力として使用できるというものです。今回採用されるシステムは、最大で167キロワットの発電力をもち、オアフ最大の光発電システムになります。

HECO(Hawaiian Erectric Company, Inc.)
www.heco.com

Hoku Scientific, Inc.
www.hokuscientific.com

Hoku Solar
www.hokuscientific.com/hokusolar.html

How Photovoltaics Work Fact Sheet (pdf)
Hoku Solar Fact Sheet - Residential (pdf)
Hoku Solar Fact Sheet - Commercial (pdf)

JPEA 太陽光発電協会
www.jpea.gr.jp

今月のホノルルマガジンにて、ハワイの公立の高校を卒業した生徒たちの、大学に進学するための準備もできていなければ、社会に出て働くための準備もできていないといった現状を、憂う特集記事がありました。

「小学校五年生、それはもうまるでデイケアのようだ」といった小見出しには、思わず苦笑してしまいました。ハワイでビジネスをしているCEOがインタビューに応えていて、採用したハワイの公立高校を卒業した人たちについて、雇用主(経営者)の立場で「使いモノになりません」といったことが書かれていました。

僕の誤読だと良いのですが、違っていたら教えてください。

それとは別に、エコロジーに関する特集記事は、とても興味深いものがありました。エコエコエコと言っているだけではただのエネルギーの無駄遣いで、やはり実践している人には敵いません。

庭には樹を植えてフルーツを実らせ、小さくても良いから畑で野菜を育てる。ハワイの青空のもと、燦々と照り続ける太陽の恵みをいっぱいに受けて、グングン育つこと間違いなし。

特に太陽エネルギーを利用しての温水や発電は、できるものなら今すぐにでも始めたいと思いました。

で、昨日(6月1日)、古〜い一軒家を買いました。

今月は引っ越しです。
片付き次第、ソーラパネルの設置を検討してみますね。

オアフの電力会社が太陽光発電を導入 アロハハワイドットコム 2007年6月3日〜2007年6月9日 Vol.2 No.22

 <  前の記事 ハレクラニの特別プラン  |  トップページ  |  次の記事 モアナサーフライダーウェスティンリゾート誕生  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hawaiicrazy.com/mt/mt-tb.cgi/196

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


このページについて

このページは「ハワイ移住 インターネットでハワイに移住」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

メールマガジン
LINKS
  • DV2009(米国永住権抽選プログラム)は自分で申請できます
  • ハワイの最新情報
  • 今日のハワイ
  • 添乗員ドットコム
  • ハワイ州観光局
  • グアムへ行こう!
  • グアムビジターズバイブル
  • サイパンに行こう!
  • 吉祥寺バーオハナ