ハワイの天気と今日のハワイ アロハクラブ

ハワイの天気や今日のハワイ。旅行の前に確認したい、ハワイの天気や最新情報。ホテルや長期滞在型コンドミニアム、オプショナルツアーやスクール、本格的な語学留学、お土産、そして不動産情報まで。今週のハワイはアロハクラブでチェック。

ハワイ発 省エネと地球温暖化を考える

省エネルギーの必要性。環境問題として地球の温暖化により、海面上昇や異常気象などの悪影響が懸念されています。エコハワイは、自然豊かなハワイの島々を、そしてこの美しい地球を子供たちに残していくために、省エネをはじめ、私たちができることを模索し実践します。

グアムビジターズバイブル

グアムビジターズバイブルは、グアム旅行のためのトクする情報サイトです。グアムをこよなく愛する旅行者の皆さんへ、最新情報を現地からお届けいたします。また、グアムのニュースをメールマガジンにて配信しています。

  

モンスターカレンダー

« 2006年9月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012年3月から、ユニクロでは社内の公用語が英語になりました。これからもっと増えるに違いない日本のグローバル企業化。英語、間に合うのならば今からやっておかないと。ハワイに移住を検討しているのならなおさら、、、TOEIC980点獲得! ラクラク英語マスター法
ハワイ移住
ハワイに移住

2006年9月10日アーカイブ

アメリカのジョージア工科大学の研究ティームによると、破壊が進んでいたオゾン層が、1997年を境に回復傾向にあるとのことです。

アメリカ航空宇宙局(NASA)とアメリカの海洋大気庁(NOAA)のデータに基づき分析したもので、今回の研究報告によると、北極および南極上空の成層圏内のオゾンは、1979年から1997年にかけて減少が続いていましたが、1997年を境に増加傾向にあるそうです。

オゾン量の増加のうち、約半分は成層圏上部(地表から11マイル以上)で観察されていて、その変化の理由としては、太陽の黒点周期や季節要因、成層圏内の風向きなど、様々な要因が考えられるものの、この成層圏上部のオゾン量の増加は、ほぼ完全にフロンガスなどの排出規制の効果によるものだと発表されました。

オゾン層の破壊が人体への悪影響を及ぼすと、最初に認識され始めたのは1980年。今世紀半ば頃には、この(1980年の)レベルまでオゾンの量が回復する見込みだそうです。

人間だって、やればできるんです。
ハイ次!

ハワイ旅行が当たります : アロハハワイドットコム : 2006年9月10日〜2006年9月16日 Vol.1 No.37

TOEIC980点獲得! ラクラク英語マスター法
 

MT42BlogBetaInner

コンテンツ

アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2006年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年9月 3日です。

次のアーカイブは2006年9月17日です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。