ハワイの天気と今日のハワイ アロハクラブ

ハワイの天気や今日のハワイ。旅行の前に確認したい、ハワイの天気や最新情報。ホテルや長期滞在型コンドミニアム、オプショナルツアーやスクール、本格的な語学留学、お土産、そして不動産情報まで。今週のハワイはアロハクラブでチェック。

ハワイ発 省エネと地球温暖化を考える

省エネルギーの必要性。環境問題として地球の温暖化により、海面上昇や異常気象などの悪影響が懸念されています。エコハワイは、自然豊かなハワイの島々を、そしてこの美しい地球を子供たちに残していくために、省エネをはじめ、私たちができることを模索し実践します。

グアムビジターズバイブル

グアムビジターズバイブルは、グアム旅行のためのトクする情報サイトです。グアムをこよなく愛する旅行者の皆さんへ、最新情報を現地からお届けいたします。また、グアムのニュースをメールマガジンにて配信しています。

  

モンスターカレンダー

« 2006年9月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012年3月から、ユニクロでは社内の公用語が英語になりました。これからもっと増えるに違いない日本のグローバル企業化。英語、間に合うのならば今からやっておかないと。ハワイに移住を検討しているのならなおさら、、、TOEIC980点獲得! ラクラク英語マスター法
ハワイ移住
ハワイに移住

2006年9月アーカイブ

オアフ島の東部を自転車で駆け抜ける、ハワイで最も歴史のあるアマチュアツーリングイベント、「ホノルルセンチュリーライド(Honolulu Century Ride)」が、今年も9月24日(日)に開催されます。

カピオラニ公園を朝の6時15分にスタートし、ワイキキからダイヤモンドヘッド、サンデービーチ、カイルアなど、オアフ東部の海岸線を自転車で北上。

20、25、40、50、75、100マイルとの6コースで構成され、子ども連れのファミリーから、本格的な自転車ロードレーサーまで、各自自分に合った距離で楽しむことができるファンライドです。

日時: 9月24日(日) 06:15〜
場所: ワイキキ カピオラニ公園 スタート

ホノルルセンチュリーライド

ハワイは長寿の州なのだそうです。
ハワイ州の平均寿命は、全米で一番長いとか。
沖縄を思い出しました。

ホノルルセンチュリーライド 2006 : アロハハワイドットコム : 2006年9月24日〜2006年9月30日 Vol.1 No.39

今週末、オアフ島の南海岸一帯ではクラゲが大量に発生するため、注意を呼びかけています。

クラゲが発生すると予想されている海岸は、ワイキキ、アラモアナ、ハナウマベイ、ポカイベイ、マカハビーチ。

クラゲに刺された場合には、幹部に酢をかけると痛みが緩和されるものの、人によってはアレルギー反応で呼吸困難、痙攣などのショック症状が起きる場合もあります。アレルギー体質の方は特にご注意ください。

ショック症状が起きた場合や、痛みが継続する場合には、直ちに医師の治療を受けましょう。

今週末、恒例の世界旅行博が東京ビッグサイトで開催されます。

ハワイのテーマは「Discover Aloha」。
どうぞこっそりと、あなただけのハワイを見つけてください。

ハワイ州観光局

JATA世界旅行博

クラゲの発生にご注意 : アロハハワイドットコム : 2006年9月17日〜2006年9月23日 Vol.1 No.38

アメリカのジョージア工科大学の研究ティームによると、破壊が進んでいたオゾン層が、1997年を境に回復傾向にあるとのことです。

アメリカ航空宇宙局(NASA)とアメリカの海洋大気庁(NOAA)のデータに基づき分析したもので、今回の研究報告によると、北極および南極上空の成層圏内のオゾンは、1979年から1997年にかけて減少が続いていましたが、1997年を境に増加傾向にあるそうです。

オゾン量の増加のうち、約半分は成層圏上部(地表から11マイル以上)で観察されていて、その変化の理由としては、太陽の黒点周期や季節要因、成層圏内の風向きなど、様々な要因が考えられるものの、この成層圏上部のオゾン量の増加は、ほぼ完全にフロンガスなどの排出規制の効果によるものだと発表されました。

オゾン層の破壊が人体への悪影響を及ぼすと、最初に認識され始めたのは1980年。今世紀半ば頃には、この(1980年の)レベルまでオゾンの量が回復する見込みだそうです。

人間だって、やればできるんです。
ハイ次!

ハワイ旅行が当たります : アロハハワイドットコム : 2006年9月10日〜2006年9月16日 Vol.1 No.37

アロハフェスティバルのイベントが割り引きになったりするという、気になるフェスティバルリボン。

ハワイ王朝だったころのハワイは、秋になると、農作物の収穫を祝い、スポーツ大会や宗教行事を行い、戦うことをタブーとした「マカヒキ」と呼ばれるお祭りを開催していました。アロハフェスティバルは、それを現代に再現したものだそうです。

リボンが販売され始めたのは、1950年代初期。アメリカからの財務支援が打ち切られ、イベントがキャンセル直前にまで追い込まれました。主催者は、運営に必要な資金を集めるために、「アロハウィークリボン」を販売。このオフィシャルリボンは、ハワイの文化を祝う人々にとって、誇りの象徴とされました。

現在、リボンの色は、島のシンボルカラーに合わせ、6色あります。

それぞれの島のシンボルカラーですが、オアフ: 黄、マウイ: 桃、ハワイ: 赤、カウアイ: 紫、ラナイ: 橙、モロカイ: 緑となっています。

イベント会場や主要ホテル、アラモアナセンター、カハラモール、パールリッジセンターのほか、ヒロハッティ、セブンイレブンなど、そして、ワードウェアハウス2階にある、アロハフェスティバル事務局で販売しています。

6色揃ったリボンは、コレクターズアイテムとしても人気があります。さらに、今年のリボンには、60周年記念のスペシャルメダルも付いているとか (未確認)。他にも、その年のテーマロゴが入ったTシャツ($20.00〜)や、帽子($22.00)などの記念グッズも販売しています。

さて、ハワイの伝統文化を今に繋いだフェスティバルリボン。
2006年のフェスティバルリボンの値段は、$5.00です。

アロハフェスティバル : アロハハワイドットコム : 2006年9月3日〜2006年9月9日 Vol.1 No.36

TOEIC980点獲得! ラクラク英語マスター法
 

MT42BlogBetaInner

コンテンツ

アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2006年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年8月です。

次のアーカイブは2006年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。